1TBのHDDが2万円割れた!?コストパフォーマンスは500GBとほぼタイ

1TBのHDDが特価品ながらも、ついに2万円の大台を割り込みました。これはツクモパソコン本店II(秋葉原)が「WesternDigital WD10EACS」を、先週の土日に15台限定19,999円で販売していたもので、先々週の最安値である23,790円を約4千円も下回ったことになります。


同店は決算セール品として、開店前の朝10時10分から整理券を配布し、1人1台限定で販売を実施していました。

2万円割れというのは値頃感から売れ行きが急速に伸びるというHDDの重要な価格ポイントです。しかもコストパフォーマンスの点では、最もコストパフォーマンスの良い500GBの1GB=約19円に迫る1GB=約20円となるので、750GBをよそに1TB HDDの人気に火がつく要素がほぼ揃ったと考えられます。

ただこの1TB HDDの2万円を割る価格自体、仕入れ値を下回る赤字覚悟の特価品であったことには違いないです。ですが1TB HDDが市場で2万円を割るのも時間の問題だと思いますよ!そろそろHDDを増設しようかなと考えている人も、お財布の準備をされたほうがいいかもしれませんね^^

【関連記事】

SAMSUNGが2.5/1.8インチSATA II 64GB SSDのサンプル出荷開始


1TBのWD製3.5インチ大容量HDDが3万円割れ

【関連リンク】

ツクモ パソコン本店


WD Caviar GP 1 TB SATA ハードドライブ ( WD10EACS )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です