2008年ライダー「仮面ライダーキバ」1月27日より放送開始

2008年の仮面ライダーこと「仮面ライダーキバ」が1月27日(日)8:00より放送が始まります。仮面ライダーキバのキャッチコピーは「Wake up!宿命(さだめ)の鎖を解き放て」。今回モチーフとなるのは「ヴァンパイア(吸血鬼)」となります。さぁはじまるザンスよ!いくでガンス~フンガー!


予告

スタッフ
原 作 : 石ノ森章太郎
脚 本 : 井上敏樹
監 督 : 田崎竜太 石田秀範 ほか
アクション監督 : 竹田道弘(JAE)
プロデュース : 梶 淳(テレビ朝日)
         武部直美/宇都宮孝明/大森敬仁(東映)

キャスト
紅渡(仮面ライダーキバ) : 瀬戸康史
紅音也 : 武田航平
ヒロイン : 小池里奈
キバットバットⅢ世 : 杉田智和(声)

変身アイテム
キバットベルト
キバットバットⅢ世に腕を噛ませ、キバの力を目覚めさせ、キバットバットⅢ世を反転しベルトに装着。キバットベルトには『フエッスル』と呼ばれる笛を6つ装着。

必殺技
ダークネスムーンブレイク
ウエイクアップフエッスルをベルトのキバットバットⅢ世が吹き鳴らすと、右足の鎖が弾け飛び、エネルギーが右足に集中。空中高くジャンプし、反転した後に羽の生えた足で敵を蹴り倒す。

仮面ライダーキバ 搭乗マシン
マシンキバー

キャッチコピー
Wake up!宿命(さだめ)の鎖を解き放て

イントロダクション
それはバイオリンをめぐる、父と子の物語・・・

今回の敵は人類のライフ・エナジーを餌として生きているヴァンパイア一族のファンガイア。
そのファンガイアと戦うのが、父親から引き継いだ工房でバイオリンを製作している紅渡だ。
ベルトの力で仮面ライダーキバに変身するが、なぜ自分が変身できるのか、なぜ自分が戦わなければならないのか、今はわかっていない。

しかし、実はファンガイアと戦っていたのは渡だけではなかった。22年前、渡の父・音也もすでに当時から跳梁跋扈していたファンガイアと戦っていたのだ。

物語は渡が活躍する現在と、結婚し渡という子供を授かる前の若かりし音也が活躍していた22年前が密接にリンクしながら進行していく。
22年前、音也が仕留め切れなかったファンガイアが生き延びて、現代の日本に出現。渡が仮面ライダーキバとして打ち倒す、という形で現在はつながっている。

しかし、それは目に見える形としての存在でしかあり得ない。それぞれの時代を生きる人々の運命は、どのような形でつながっていくのか?その中で渡が、音也が背負わされた運命とは・・・?

それぞれのキャラクターがそれぞれの時代を生き、物語は進行していく。
2つの時代を知る人物はたった2人・・・。ファンガイアハンターを組織した嶋と22年前から営業していた喫茶店「カフェ・マル・ダムール」のマスター木戸だけ。
2つの時代に翻弄される人々の運命のカギを握るのは、この2人と父が残したバイオリン・・・!?
(出典:テレビ朝日公式)

【関連リンク】

仮面ライダーキバ(テレビ朝日公式サイト)


瀬戸康史 BLOG(瀬戸康史公式ブログ)


kouhei.net(武田航平公式ブログ)


Very Berry Pro. | Talent | 小池 里奈(小池里奈プロフィール)


Welcome to zangetsu(杉田智和公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です