アキバ系カルチャー読本「現代視覚文化研究 Vol.2」発売

三才ブックスより、ゲームラボ特別編集・抱腹絶倒のアキバ系カルチャー読本「現代視覚文化研究 Vol.2」【AA】が1月31日に発売されました。「現代視覚文化研究」【AA】の2作目となる本で、2007年に話題となった虹系アニメ等の取りまとめや諸作品のレビューなど見どころ満載です。


同誌の書籍情報では「アニメ・ゲーム・コミック・ノベルなど、一般に2次元系とされる諸作品の評論、研究、レポートをまとめてお届けします。制作にあたっては、オタクが3人集まると朝まで話題が尽きないあのテンションを、可能なかぎり誌面で再現することを目指しました。

今回のVOL.2でも、前号と同様、気鋭の筆者に「いま一番おもしろいこと」について語っていただきました。相変わらず極端な表現も見受けられますが、それもひとつの醍醐味として、なるべく損なわないように編集しています。」とのことです。

また、「涼宮ハルヒ憂鬱」の谷口役や「らき☆すた」の白石みのる役でおなじみ、白石稔さんの6Pにもわたる内容の濃いインタビューや、モエモエカフェの高橋てつやさんの漫画「もえたん」最終話など、見どころ満載ですw今回もElectromagneticWaveのPOPさんが表紙イラストを描かれてます。

さらに雑誌付録として、かーずSP責任編集の同人誌「まじカル(まじめにカルチャーを語る会)2008SP」が差し込まれていて(同化してるけど分割化)、1冊丸ごとヤンデレ特集号として、ヤンデレに関わるレビュー本になっています。

内容もさることながら買わざるを得ない一冊です!

【関連記事】

同人音楽読本「同人音楽を聴こう!」発売

【関連リンク】

三才ブックス online


新刊案内(三才ブックス)


三才ブックスの新刊NEWS「現代視覚文化研究」(三才ブックス)


「現代視覚文化研究2」発売 かーず自重しろ!ヤンデレ同人誌付(アキバBlog)


アキバ系カルチャー読本「現代視覚文化研究Vol.2」発売 付録がかーず氏の同人誌(アキバOS)

現代視覚文化研究 2 (三才ムック VOL. 185)
現代視覚文化研究 2 (三才ムック VOL. 185)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ゲームラボ特別編集 現代視覚文化研究
ゲームラボ特別編集 現代視覚文化研究
おすすめ平均
stars三才ブックス渾身の一冊

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「アキバ系カルチャー読本「現代視覚文化研究 Vol.2」発売」への1件のフィードバック

  1. 水無 灯里と見習い達が、それぞれの誇れる明日を目指して前進する・・・たとえ、それが遠くても!

     水先案内人(ウンディーネ)たちは色んな未来を目指して旅をしている・・・色々な夢を見ている。【灯里】はもっとARIAカンパニーのお役に立ちたいのだ。【灯里…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です