韓国のゲームショウ「G★2007」にて「Counter-Strike Online」発表

ネクソンジャパンは、11月8日から4日間にわたって韓国で開催されるゲームショウ「G★2007」で、開発中の「Counter-Strike Online」を発表しています。同作はValveの人気FPS「Counter-Strike」のゲーム性やバランスなどを継承しつつ、新たなコンテンツが加えられたものになるそうです。


同作は、新武器8種類(FN SCAR、XM-8、MP7A1、USAS-12、VSK-94、QBB-95、SVD、K-1A)、新マップ2種類(DM_TUNNEL、CS_Camouflage)、キャラクター8種類(CT:707特任隊、SAT、中国・台湾の特殊部隊 T:RBC、ARA、NLC、Vigilante Corps)が制作・追加され、さらにオンライン用の新コンテンツ(地域別ランキング情報、クラン戦管理ツール、E-Sports活性化のための放送システム等)の開発も進んでいるとのことです。

公開された画像はアートワーク2点とロゴが1点のみとなっており、肝心のスクリーンショットなどは公開されていないようです。

ネクソンジャパンはアジア4ヵ国(日本、韓国、中国、台湾)でのパブリッシング権を保有しており、2008年夏までにこの4カ国で順次サービスを開始することを目標にしているそうです。

【関連リンク】

ネクソンジャパン


ネクソンジャパン、『カウンターストライクオンライン』を初公開(ネクソン)


ネクソン,G★ 2007で「カウンターストライクオンライン」の概要を初公表(4Gamer)


「カウンターストライクオンライン」のオンラインたるゆえんとは?(4Gamer)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です