DirectX11対応で1万円弱「Radeon HD 5670」ビデオカード発売

AMDの新GPUとなる、コードネーム”Redwood”こと「Radeon HD 5670」を搭載したビデオカードが1月14日に一斉発売されました。「Radeon HD 5670」は、DirectX 11に対応したミドルレンジのシングルGPUで、初のRadeon HD 5600シリーズです。そして1万円弱で買えちゃうのは魅力です。


Radeon HD 5000シリーズ初の補助電源コネクタ非搭載モデルとなっており、店頭価格が9980円~15000円というコストパフォーマンスの良さがウリです。

主な仕様は、ストリームプロセッサ数が400基、ROPユニット数が8基、コアクロックが755MHz、メモリクロックが1,000MHz(データレート 4,000MHz)。対応メモリはGDDR5で、インターフェイスは128bit。演算能力は620GFLOPSとなっています。最大消費電力は61Wで、アイドル時14Wです。メモリ容量は今のところ1GBと512MBの2モデルが販売されているようです。

こう事細かくスペックを述べたところでピンとこないと思うので、電脳獅子惑星さんの3Dゲーム用グラフィック・チップ(GPU)性能比較・評価一覧表より「Radeon HD 5670」で検索してみてお使いのGPUと比較してみるのが良いかと思います。

GeForce 8800 GTXと並ぶ性能で、1万円弱とは恐れ入りました。これならCrossFire(2枚刺し)してもバチは当たんないですよね!!ていうか普通に載せ換えたいわ。。。

XFX 国内正規代理店品 RADEON HD 5670 512 MB DDR5 DISPLAYPORT HDMI PCI-E 2.1 HD-567X-YNFC
XFX 国内正規代理店品 RADEON HD 5670 512 MB DDR5 DISPLAYPORT HDMI PCI-E 2.1 HD-567X-YNFC
XFX
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です