Razerから小型のゲーミングマウス「Razer Salmosa」発表

RazerはCeBIT 2008開催に合わせて光学センサー搭載の新型のゲーミングマウス「Razer Salmosa」を発表しました。Salmosa(サルモサ)とは、朝鮮半島に生息する毒蛇からその名が来ているようです。エントリーユーザー向けで、小型マウスの中で最も重量の軽い部類にあたります。


主な仕様は、1800dpiの3G赤外線センサー搭載、1000Hzポーリングレート(応答速度1ms)、プログラマブルな「Hyperesponce」ボタン、24クリックのホイール、DPIやポーリングレートを変更可能なスイッチを搭載するなど、性能面では文句無し。

また、形状は左右対称となっていて、価格は$40(日本の実売価格だと5,000円前後くらい)、発売は今年の秋の予定です。

【関連記事】

「Razer Boomslang、Lycosa、Piranha」を2008年1月31日に国内発売


ゲーミングマウス「Razer Lachesis」本日より国内販売開始


ゲーミングマウス「Razer Lachesis」11月30日より国内販売開始


ゲーミングマウス「Razer Lachesis」発売前レビュー


ゲーミングマウス「Razer Diamondback 3G」レビュー


Razerが新製品のキーボード「Lycosa」&ヘッドセット「Piranha」を発表


MSとRazerとの共同開発のゲーミングキーボード「Reclusa」を国内発売

【関連リンク】

Razer公式


Razer Salmosa


Razer,軽さを追求した3ボタンゲーマー向けマウス「Salmosa」を発表(4Gamer)


Razer が最新ゲーミングマウス『Salmosa』を発表(negitaku.org)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です